千葉県バレーボール協会 会長挨拶

千葉県バレーボール協会
会長 古川 和男

ご あ い さ つ

 日頃より本県バレーボール競技の普及・発展並びに本協会の諸活動に多大なるご支援・ご尽力をいただいておりますことに、深く感謝申し上げます。

 平成30年度の本協会の主催する大会や研修会は、各種目別連盟や各専門委員会の皆様のご尽力により3月24日(日)の理事会・評議員会を以って、滞りなく盛会裏に終了したことに深く感謝と敬意を申しあげ、ここに報告します。

 また、本協会が主管した関東地区以上の大会、国際親善大会、日韓戦(7月28,29日、船橋アリーナ)、全日本小学生大会(8月10〜13日、浦安市)関東地域リーグ(11月17,18日、東金市)、2018/19Vリーグ、ディビィジョンU柏大会(11月24,25日、1月12,13日、2月16,17日)、2018/19Vリーグ、ディビィジョンT船橋大会、東部地区決勝大会2月9,10日、千葉市)など、本年も各種県内大会や研修会などと、行事が重なる日程の中、関係の皆様方には、準備、運営、片付けで、大変なお骨折りをいただきました。お陰様で、無事終了することができました。心より感謝申し上げます。

 来年度には、各種別の関東大会が多く集中しております。更なる、横断的なご協力をお願い申し上げます。

 今年度の本県の選手、チームの活躍も目覚ましく、福井国体では、成年男子ビーチバレーにおいて、上場、柴田ペアが準優勝。少年女子バレーボールにおいては、市立船橋が4位入賞を果たし、皇后杯7位入賞の原動力となりました。また、来年度、茨城国体より、少年男女の、ビーチバレーが正式競技となります。多くのチーム、ペアに参加してもらいたいと考えております。

 結びに、役員ならびに関係者の皆様には、今後も健康に留意され、本県バレーボール競技の普及、強化、発展にご尽力くださいますようお願いし「あいさつ」とします。

 ホームページをご覧頂くにはAcrobatReaderが必要です。下のリンク先にて無償でインストールが出来ます。